日中一時支援事業 たまには自分の時間がほしいなぁ・・・

日中、親戚のお見舞いに行く間、
子どもを見ていてほしいんだけど・・・

そんな声に応じます



  日中一時支援事業とは

障害のある方の日中の活動の場を提供します。
保護者が仕事で日中不在となる子どもたちの放課後支援をします。
養育、介護にあたる家族が一時的に休息を取れるように、障害のある方をお預かりします。



   利用について

どんな人が利用できるの?
身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方
(または、秋田県福祉相談センター等から判定書の交付を受けている方)
上記に該当する方を介護、養育するご家族の方

どうすれば利用できるの?
住所のある市町村で手続きします。
所定の用紙で申請 → 市町村が審査 → 利用決定 → 利用希望施設と日時を相談
詳しくは各市町村の窓口や電話でお問い合わせください。

利用できる施設にはどんなところがあるの?
各市町村ごとに、利用できる施設が決まっています。
詳しくは。各市町村の指定事業所をご覧ください。

費用はどのくらいかかるの?
利用時間によって料金が決まります。
4時間未満 150円 4時間以上8時間未満 300円 8時間以上 450円
昼食代などの実費分は、利用施設によって異なります。直接、利用する施設にお問い合わせください。



   各市町村の指定事業所

男鹿市 潟上市 五城目町 八郎潟町 井川町 大潟村







相談支援事業     ショートステイ事業     移動支援事業     ホームへもどる