全校 10・11・12月


 学 園 祭 10月20日(土)


 今年度の天王みどり学園祭は「心を一つに!キラキラスマイル!」のテーマのもと開催され、たくさんの来校者のみなさんと一緒に、笑顔あふれる一日となりました。午前中のステージ発表では、全校児童生徒が練習を重ねてきた劇やミュージカルなどを披露し、たくさんの拍手の中、一人一人が輝きました。午後は中・高等部による作業製品販売、喫茶の開店、ビルクリーニングの実演が行われ、作業学習での頑張りも披露することができました。そして、恒例となった生徒会企画「みどりっこフェス」では、オーディションで選ばれた8組の芸達者たちによる歌やダンスで盛り上がりました。
 125人の心が一つになり、たくさんの笑顔が咲く中でのフィナーレとなりました。



【 小学部1.2.3年ステージ発表 「ももたろう」 】

 桃から生まれた3人の「ももたろう」。暴れる鬼をやっつけようと、鬼ヶ島を目指します。
 ももたろうは、道の途中で運動の得意な犬、木登りが得意な猿、バランスが得意なきじと出会います。きびだんごを食べると力がもりもり・・・元気いっぱい!「よーし、みんなでおにをやっつけよう!」を合い言葉に、ももたろうと犬と猿ときじは鬼ヶ島へ。それぞれが得意な技で見事鬼をやっつけ、宝物を手に入れました。
 練習を重ねるたびに声が大きくなり、自信をもって演技するようになった14名の子どもたち。自分の力を十分に発揮し、ステージ上の堂々とした姿にたくさんの拍手をもらいました。


ぼくたちはももたろう! 初めての学園祭・・・
どきどきしたけど、大成功!




みんなでおにをやっつけよう!えいえいおー! せりふもしっかり言えました




「みどりおに」をたおしたぞ! おにのツノを、とってやる!


 
 

「あかおに」をたおすぞー さいごは、ぼくにまかせとけ!
 

 ももたろう、大成功!ばいばーい!





【 小学部4.5.6年ステージ発表 「ワールドカップ in みどり 〜めざせ、ゆうしょう〜」 】

 今年はついにワールドカップ。ところが、大変!「けが人が出て選手が足りない!」「サポーターも足りない!」困ったみどりの選手たちは、助けてくれる選手やサポーターを探しにいきます。華麗なボールさばきと心に響く演奏、チームプレーが光る決勝シーンと、一人一人の頑張りが光る、最高の舞台を披露することができました。



「困ったなぁ〜、選手がたりないよ!」 街でサッカー少年を発見 華麗なドリブル!




シュート・ゴール!大成功 みんなでめざせ、優勝「エイエイオー」




街でサポータ-候補を発見! 「紅」の曲に合わせた見事な演奏 大成功
 



 
いよいよワールドカップ決勝!
絶妙なスローインから・・
 ゴール!
 



 
 ゴール!大成功!! ついに優勝!みんなで歌おう♪ 
 

 フィナーレ「♪ブルー」の替え歌「♪チームみどり」を熱唱





【 中学部ステージ発表 「アラジン」 】

 みどり学園版「アラジン」が3年ぶりにパワーアップしてカムバック!砂漠に囲まれた神秘と魅惑の都アグラバーを舞台に、アラジンという青年とジャスミンの恋の物語をお送りしました。
 アグラバーに住む貧しい青年アラジンと、何でも王様に決められ、毎日の生活に窮屈さを感じていた王女ジャスミンが、ひょんなことから出会い、次第に心を通わせていきます。そんな中、悪者大臣ジャファーが、アグラバーに存在する何でも願いを叶えてくれる魔法のランプを使って王国を乗っ取ろうと企てて・・・。そこに現れたランプの魔人ジーニーとアラジンに芽生えた友情によって物語は大きく動き出します。
 夏休み明けから本格的に始まった練習では、「心をひとつに自分を信じて」を合い言葉に、素敵なステージを作りあげようと全員で頑張ってきました。
 中学部総勢47名。一人一人がステージの上で自分の役になりきってパワフルに演じ、エンディングでの息の合ったダンスも圧巻の仕上がりでした。みんなで心をひとつにした達成感と自分を信じてやり遂げた充実感で一人一人の表情はこの上ない笑顔で溢れていました。
 スマイルステージでの上演に続き、学園祭でもたくさんの拍手をありがとうございました。


「サラームこんばんは、皆さん。
ようこそ伝説の都アグラバーへ!」

このせりふから「アラジン」幕開けです。
「もう!本当にいい加減にして!」
ジャスミンに結婚を促す王様に、自
由がほしいとジャスミンは訴えます。
 

 

「占いによるとこの男が
ダイヤの原石でございます」

  その頃・・・何でも願い事が叶うという魔法のランプを手に入れ、アグラバー王国を支配しようと企てるジャファー一味。
 3人のほほえましい掛け合いは、練習で培ったチームワークそのものです。 
「さぁ物語を始めよう!」
  アグラバーの町。そこは楽しげな歌とダンスで活気ある世界!歌い手とダンサーとナレーターのコラボレーション場面。びしっと決まりました。
 

 

 「おいで始めようか我らのアラビアンナイト♪」
  素敵な歌声を響かせたのは9名のアグラバーの歌い手。感情を込めてパワフルに歌い上げました。
「アラビアンナイトの世界へ!」
  10名のアグラバーダンサーズは息の合ったダンスを披露。カラフルな衣装でアラビアンナイトの世界を再現しました。
 

 

 「きゃー泥棒!!」
  貧しいアラジンたちは、一文無しのため、やむを得ずパンを盗みます。
「おいっ今何をやったんだ!」
  盗みを見付けた兵士たちは、アラジンたちを捕まえようと駆け付けます。
 兵士たちのやりとりは、見ている人を思わず笑顔にしてくれました。
 

「一緒に逃げよう!」
  兵士に追われるアラジンと自由になりたいとお城から出てきたジャスミン。そんな二人が運命のいたずらか、出会い、一緒に逃げることになります。
 

 

 「まてー!」
  逃げるアラジンたちを兵士は追い掛けます。様々な武器を持って追い掛ける兵士たち。
 「まてー!」と幕が開くと、客席から歓声が上がりました。
 
 

 

 「お前に頼みがある」
  兵士たちから逃げ切ったと思ったアラジンたちをジャファーたちは見付け、ジャスミンを捕らえます。そしてアラジンにランプを洞窟から取ってくることを命じました。
 「宝を盗むのは誰だ!」
  金銀財宝がきらめく洞窟でランプを見付けたアラジンとその仲間たち。他の宝に触れてしまったために洞窟の主によって洞窟に閉じ込められてしまいます。
 



 
 「僕は最強の魔法使いジーニー!」
 閉じ込められ困ったアラジン。手にしたランプをこするとランプの魔神ジーニーが登場!会場から拍手喝采の人気者です。ジーニーのおかげで洞窟から脱出成功。
 「僕を信じて!」
  城に連れ戻されたジャスミン。ジーニーの魔法で王子になったアラジンが魔法のじゅうたんで迎えに来ます。
 

 

 「夢のようなこの時いつまでも二人で…♪」
  魔法のじゅうたんに乗って歌う「ア・ホール・ニュー・ワールド」。アラジンとジャスミンは心を通わせていきます。
 見せ場のひとつということで、夏休みから練習を頑張り、2人で歌い切りました。
「やっとランプが手に入った。
ジーニー私を王にしろ!」

  盗んだランプを手にしたジャファーたち。アグラバー王国の王にしろとジーニーに命じます。
 
 

 

 「やったー自由だ!!!」
  機転を効かせたアラジンと最強の魔法使いジーニーによりジャファーたちはランプに吸い込まれ一件落着。アラジン3つめの願いにより、ジーニーは自由になります。
 「おめでとう!」
  平和が訪れたアグラバー王国。大様もアラジンとジャスミンの結婚を許し、みんな大喜び。
 ハッピーエンドのアラジンとジャスミン。
         めでたしめでたし!
 

 

 エンディング(カーテンコール)
〜アグラバー王室・ナレーター〜
 エンディング(カーテンコール)
〜アラジンの仲間たち〜
 

 

 エンディング(カーテンコール)
〜アグラバーダンサーズ〜
 エンディング(カーテンコール)
〜兵士〜
 

 

 エンディング(カーテンコール)
〜アグラバーの歌い手〜
 エンディング(カーテンコール)
〜ジャファー・カダーゴ・ザワーゴ〜
 

 

 エンディング(カーテンコール)
〜アラジン・ジャスミン・ジーニー〜
エンディング(カーテンコール)
〜総勢47名の息の合ったダンス〜
ありがとうございました!





    
【 高等部ステージ発表 「平成アーカイブス」 】 

 平成…みなさんはどのようなことを思い起こしますか?「平成」最後の学園祭にちなみ、アーカイブス〜時代を記録した保存映像、記録〜「あぁ、あの時…」と当時を思い起こし平成をたどってくる飛行の旅をお届けしました。平成スタートの元年、みどり学園開校は平成15年、高等部3年生のみなさんが小学部へ入学したのは平成19年、そして今年、平成30年とそれぞれの年代の懐かしい出来事や流行をダンスや手話、器楽演奏などのパフォーマンスをしたり、長文のせりふを暗記したり…と全力で演じました。今年のみどり学園のキーワード「挑戦」を合い言葉に、一人一人が自分の役を成し遂げ、エンディングでは、全員で「♪やってみよう♪」を歌いました。ステージで演じるだけでなく、道具作りやセッティング、黒子の役目なども自分たちで行い、高等部生一丸となってステージ発表を作り上げました。

 

 
平成を思い起こす、楽しい旅に出かけましょう。
「間もなく、平成○年へ向かいます。」
皆様の安全な旅を、私たちがサポートいたします。 
 

 

1989年、平成がスタートします。
当時流行したのは…
 当時のCMでは…
  「24時間たたかえますか?」「5時から男」という言葉が流行しました。
 

 

 バブル経済真っただ中、華やかな時代でした。
「 EZ DO DANCE!」
 平成15年 大ヒット映画がぞくぞく…
〜千と千尋の神隠し〜
 

 

踊る大捜査線
「レインボーブリッジ、封鎖できません」
 
ハリーポッターと秘密の部屋
 

 

 ♪世界に一つだけの花が大ヒット
手話で演じました。
 
平成19年
  秋田わか杉国体、全国障害者スポーツ大会秋田わか杉大会の開催
 

 

懐かしい…ビリー隊長のトレーニングが流行
「ビクトリー!!」
 
 平成…自然災害の多さ、怖さも心に刻まれる出来事です。
 復興を願う気持ちを忘れずに…
 「ふるさと(嵐)」の演奏
 
 



 
平成30年 みどり学園のキーワード
「 挑  戦 」
 
 交流活動をしている金足農業高校野球部の大活躍に同じ高校生として「がんばろう」という気持ちをもらいました。
 

 

平成の応援歌として 
ダイナミック琉球が流行でした
  天国へ旅立った大切な仲間の分もがんばっていきます!
 



 
 エンディング
全員で「♪やってみよう♪」を歌いました
  「やってみよう♪
      やってみよう♪
          やってみよう♪
              やってみよう♪」
 
 




【 中学部・高等部 作業製品販売、喫茶、ビルクリーニング実演の様子 】 
 
 
 

 

 

 

 

 

 


 




 
【 クロージングの様子 】 
 
 
 

 

 

 

 

 

 


 
 





11月23日(金) みどりフェア


 本校では、初の試みとして、11月23日(金)勤労感謝の日に、天王グリーンランドの食菜館くらら交流ロビーをお借りして、「みどりフェア」を開催しました。これは、本校児童生徒の活動を広く知っていただくとともに、地域における本校の存在感をアピールすることをねらいとしたイベントで、内容は学校紹介パネルや作品展示と中学部・高等部生徒による販売活動です。中学部は、生活単元学習で生徒が制作した手作りパンや、ドライフラワーを加工した作品の他、陶器等の作業学習製品の販売を、高等部は、同じく作業学習製品や農産物を販売するとともに、喫茶「みどりの風」を営業しました。当日は、初雪の降るあいにくの天気でしたが、たくさんのお客様がいらして、製品を手に取り、生徒と会話しながら、買い物をしてくださいました。生徒にとっても、自分たちの日頃の活動に対する達成感や手応えを感じられる貴重な機会となりました。

 

 

手作りの看板が目を引きます 作業製品の作り方をじっくり説明




手作りパンは焼き上がりが会場に届くと即完売の人気ぶり
無農薬で育てたさつまいもはシルクスイートと安納芋2種類




喫茶「みどりの風」 〜温かいコーヒーはいかがですか
 
本校のマスコットキャラクター「みどりぼん」も宣伝に一役
 






ホームへもどる               学習の様子へもどる